2010年01月24日

【Forex Godfather】運用成績と検証評価(2010/01/23現在)

■Forex Godfatherの運用成績と検証評価

 Forex Godfatherの検証記事アップを開始します。



口座:E-Global デモ口座
開始資金:10000ドル
各パラメータ設定:デフォルト
運用通貨ペア:GBPUSD H1
EAタイプ:スイングトレード
開始日:2009/11/19


Forex Godfather通算運用成績はこちら
2009/11/19〜2010/01/23


【各週の収支】
11/19〜01/23収支:+_8740.17ドル 残高:18740.17ドル 保有中:00.00ドル




(今週のコラム)
 昨年11月から水面下でデータを取っていたのですが、本日よりトレードデータを記事アップします。

 EAのトレードスタイルが完全なスイングトレードで1ヶ月で数回程度しかトレードがありません。というより、新規エントリーがないということです。スイングトレードなので、数日間ポジションを保有することもあります。
 スイングトレードのEAはこれまで人気のあるEAがなかったのですが、Forex Godfatherはその成績やバックテスト結果の良さ・安価な価格設定などから導入者がじわじわ増えていってるようです。
 今回初アップしたトレードデータを見ても負けと勝ちが混在していますが、負け幅と勝ち幅がほぼ同じになっています。スキャル系EAだと、コツコツ稼いで負けたらドカンと落とされてしまうのが普通なのですが、Forex Godfatherの場合は負けポジの損失はその後の1回の勝ちトレードで取り戻してしまえます。
 保有時間の長いスイングEAは保有中に何度もチャートを見てしまうことになり、ややもすると利益が出ているときに何故決済しないのか・・と思ってしまいがちなのですが、逆にこういうタイプのEAで放置できる精神力が養えれば、大方のEAでビビって手動決済してしまうことが減るでしょうね。
 トレード回数は少ないですが、T/Pは200pipsですので、スキャルEAの10〜20回分だと理解しないといけないと思います。
 海外では今年になってもかなり評価が高く、複数の掲示板で活発に論議されています。パラメータがカスタマイズしやすく、自由度が高い仕様ですので、今や色んな設定情報があちこちで交錯しています。要するに高性能で収益性が高く、ユーザーが非常に多いということの裏づけになっています。
 売価も67ドルと激安ですので、導入しやすい要因の一つでもありますね。
 少なめのロットで他の主力EAのリスク分散先サブEAとしてとりあえず運用してみるのも悪くないEAです。

 今後トレードデータの推移を見ながら、定期的にデータを更新していきます。
 私個人としては、このEAはかなり気になる超期待のEAです。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
↓↓↓Forex Godfather購入はこちら 67ドル↓↓↓
ClickBank支払い画面の説明はこちらをクリック
ForexGodfather
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
posted by ぽかち at 14:59| ■ブログ整理カテゴリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。